2007年03月31日

川口市:ドゥマン   代官山の小川軒から独立したシェフ

友人の知人がお店を始めたとのことで、お祝いに行って来た
その方は、代官山の洋食店「小川軒」から独立
夢見る若いシェフである

IMG_4147.JPG
奥様と2人で営む小さなお店
川口駅から徒歩15分位と、チョット不便なところではあるけど、夫婦の息が合った会話も楽しみの一つであったりして・・・


IMG_4138.JPG
黒板に書かれた、お勧め料理からチョイスしたパスタ
ソースがトマト、クリーム、オイルから自分の好みを選べる仕組み
で、オイルソースをチョイス
しっかりとニンニクの風味を引き出した、アーリオ・オーリオ
トッピングのスモークサーモンとの相性も良くて、かなり良い仕上がり

IMG_4140.JPG
もう一皿、ハヤシライス
「小川軒」の看板料理でもある、ハヤシライス
この流れを汲んでいることを感じさせる、お肉と玉ねぎをたっぷり使い、あっさり目に仕上げたデミグラスソースであった

IMG_4141.JPG IMG_4143.JPG
デザートも美味しい
自家製のタルトはしっとり感を残し、程よい甘みと香りがお口の中に拡がる
アイスクリームもベリーのつぶつぶ感があって、チョット面白い


夜は、食事だけだとチョット利用しにくい感じのお店になっていることが残念だけど、シェフの料理はかなり期待できるようである



【西洋料理 de main】
埼玉県川口市栄町1-9-13 川口栄マンション1F
048-252-8501
posted by koutagawa at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守谷市:黒猫亭  ゴルゴンゾーラのパスタを堪能

やっと行くことが出来ました「黒猫亭」
ブログで発見してから、“行きたい”と思い続けたお店

IMG_4129.JPG
ナビを設定していざ出発! が、ナビによる到着予測時間は14:20
このお店のランチタイムは14:30がオーダーストップだとHPにあった 急がなければ・・・
が、途中、首都高が渋滞 間に合わないかも・・・ と心配したが、何とか14:15到着

IMG_4121.JPG ・ホタテ焦がしバターソースのスパゲティ
黒猫亭シェフの妻さんのブログによると、11週連続ナンバーワンに君臨した人気メニューをいただくことに・・・
ソースはサッパリした、バター醤油味、ゴロゴロとしたホタテはかなり良質のもの
なるほど人気のほどが窺えます

IMG_4126.JPG ゴルゴンゾーラソースとキノコのパスタ
コレも人気のパスタ
今回は手打ち麺でいただくことに・・・
世界三大ブルーチーズに称されるゴルゴンゾーラを惜しみなく使った贅沢なソースがとっても濃厚で、手打ち麺にしっかりと絡まってくる
コレは見事な仕上がりである

IMG_4128.JPG ティラミス
マスカルポーネをふんだんに使った贅沢なティラミスである
塩分の高いゴルゴンゾーラをいただいた後には、マスカルポーネが良く合うのである

ココのシェフは、キャピタル東急の「オリガミ」から独立した方らしい
惜しまれつつも閉店した「オリガミ」と同じナポリタンを、ココでいただけるとか・・・
今度はナポリタンをいただかなければ・・・



【黒猫亭】
茨城県守谷市けやき台3-28-1
0297-45-9629
posted by koutagawa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

豊橋市:キャナリィロウ  心落ち着くお店

豊橋のイタリアン「キャナリィロウ」へ行って来た
しかも本店
本店とあれば間違いは無いだろう

IMG_4099.JPG
素晴らしいガーデニングに囲まれた、イタリア民家風のお店
とってもお洒落で、可愛い
12:30位に着いたら、既に待っているお客様が・・・
さすが繁盛店
しかも、お客様のほとんどが女性なのでチョット照れくささを覚えるが思い切って待つことに・・・

IMG_4102.JPG
このお店のランチメニューには、ちょっとしたアンティパストバーとドリンクバーがセットになっている
特にコレと言った目ぼしい物は無いのだけど、いろんなもの中から、好きなものを好きな量だけ選べるサービスがとってもうれしかったりする

IMG_4103.JPG
昔懐かしい、クラストのピザ
最近流行のピッツァとは別物なのだけど、これはこれで良かったりする
サクッ と言うより、バリッ って感じ

IMG_4107.JPG
かなり濃い目の味に仕上げられたスパゲッティ
しっかり茹でられた麺で、アルデンテではない
ツルツルッ と言うより、モグモグ って感じ

料理は特に美味しいわけではないのだけど、お店の雰囲気はとってもお気に入り
民家風の木造建築が、気持ちを穏やかにしてくれて、落ち着ける
接客も機械的でなく、人間の温かさ、優しさを感じることが出来て(コレはかなりポイントが高い)なかなか良い店である

最近は、埼玉や岡山へも出店しているようだが、横浜への出店はないのだろうか?
なんだか楽しみである



【キャナリィロウ本店】
愛知県豊橋市平川本町1-2-12
0532-63-3778
posted by koutagawa at 23:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

豊橋市:ブロンコビリー 600gの分厚いステーキを堪能

ブロンコビリー・・・
東海地区に50数店を展開するローカルのステーキチェーン
本拠地は名古屋なのだけど、豊橋にもあるとのことで早速お邪魔することに

IMG_4072.JPG
最近リニューアルしたばかりと言う最新の店舗らしい
さほど高級感も無くて、気軽にステーキを食べに入れそうなお店
コレなら庶民派の私でも大丈夫

IMG_4073.JPG IMG_4075.JPG
このお店、ステーキハウスなのに、入口で待ち受けているのは、“おくど”
なんと魚沼産のコシヒカリを使っているらしく、その美味しいお米を更に美味しく炊き上げるために“おくど”で炊いているのだとか・・・
ステーキ屋さんだから、お肉が美味しいのは当たり前
そのお肉を美味しく食べていただくためには、ごはんにも力を入れる
素晴らしいこだわりようである

IMG_4085.JPG
コレがそのごはん
お米一粒一粒がしっかりしていて、ツヤツヤに炊き上がっている
そのごはんが、なんとお茶碗で提供される
ステーキをナイフとフォークでいただきながら、ごはんはお箸で・・・
ちょっと不自然な感じもするが、コレも美味しくごはんを食べていただくため?
プレートだと、どうしても覚めるのが早いからなのだろうか?
さすがに、ココまでこだわったごはん
とっても甘くって、お替りしたくなる美味しさであった
参考までにお替りは有料であるが・・・

IMG_4082.JPG IMG_4083.JPG
忘れちゃいけないステーキ
思い切って600gをオーダー この分厚さに感動
やっぱりステーキは肉厚じゃなくっちゃね
表面はカリッと、中はジューシーなレア
見事な焼き上がりです
ライオンにでもなったかのような勢いで、分厚い肉を食べる
人間の祖先は肉食だったのかも・・・
良質のお肉は、お塩でいただくのが最高
ソースと共に提供された、こだわり?のお塩でいただくと、お肉の甘みが引き出されて・・・
しっかり堪能しちゃいました

IMG_4078.JPG
そして、本日の笑顔大賞
素敵な笑顔に、惚れちゃいそうでした(笑)

美味しい料理と、素敵な笑顔
とっても満足な夜ごはんでした



【ステーキハウス ブロンコビリー】
豊橋市弥生町字東豊和20 
0532-48-2941
posted by koutagawa at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

一宮市:プーリア 久しぶりの美味しいお店

久しぶりに美味しいパスタが食べたくなって「プーリア」へ
ココはリーズナブルなお値段で、美味しいピッツァや、パスタが食べられるからとってもお気に入り

IMG_4064.JPG
まずは、薪窯で焼くピッツァ
ココのオーナーである近藤氏が自ら焼き上げてくれたので、いつもに増して美味しく感じた
表面はサクッと、中はモッチリ
コレがなかなか他では味わえないんですよね

IMG_4063.JPG
海老とキィウィフルーツのカクテルサラダ
これ、凄く美味しかった
春のお勧めだから、早めに食べに行かなきゃ、なくなっちゃうよ

IMG_4060.JPG
ウニとホタテの濃厚クリームパスタ
濃厚なウニたっぷりのクリームソースが、自家製のフェットチーネに良く絡んで、とってもコクがあるパスタでした
レアに仕上げられたホタテの甘さも、その美味しさを引き立てていて、さすがプーリアと言った満足感です

お昼はいつも満席らしいのですが、夜は比較的空いているので狙い目ですよ




【ピッツェリア プーリア】
愛知県一宮市木曽川町黒田一ノ通り51-2
0586-84-2588


posted by koutagawa at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。