2007年06月30日

長野市:大久保西の茶屋       戸隠発の美味しいお蕎麦

最近、長野への出張が楽しくなった
仕事帰りに立ち寄る、大久保西の茶屋
ココのお蕎麦が楽しみなのである

IMG_5816.JPG
戸隠に本店を持つ老舗の蕎麦屋
長野駅前ある支店を利用するのだが、ココが、かなり趣があるお店である
駅前と言っても、目立つ場所にあるわけでなく、MIDORIと言う、デパート?の横にある、路地を入ったところにお店があるのである

IMG_5814.JPG
午前中からの打ち合わせが長引き、昼食のタイミングを失ったので、もうお腹がペコペコ
思わず、“ジャンボざる蕎麦”を注文したのだけど、軽く2人前はあろうかと言う大盛り
さすがジャンボ!
ちょっと硬めに茹で上げられた固めの麺
コレがとっても喉越し良い
しっかりコシがあって、蕎麦の香りも味わえる
さすが信州の蕎麦である
そばつゆも鰹出汁の香りが漂い良い感じ
最初は山葵でいただき、次に辛味大根でいただく
一皿で二通りの味を楽しめ、とっても大満足

今度はいつココに立ち寄れるのだろう?
その日が楽しみである



【大久保西の茶屋】
長野県長野市南千歳町1-19-8
026-228-7377
posted by koutagawa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

飯田市:籐山 魚が定評の仕出し弁当

午前中からの打合せも一段落し、お昼ごはん
ここら辺りで有名な籐山という、仕出し屋さんのお弁当を用意してくれていた

IMG_5806.JPG
一番手前に見えるのが、豚肉の生姜焼き
ちょっと味付けが薄めであったのだけど、とっても柔らかいお肉が美味しい
冷めているのに軟らかい豚肉
きっと選びに選んだに違いない

IMG_5809.JPG
ココの売りは刺身
ココのマグロは、生の本鮪なんだそうだ
飯田と言う山間の街で、こんなに美味しい刺身がいただける
流通の進化とは、ありがたいものだ

こう言った妥協しない食材選びが、地元のお客様の心を掴み、繁盛を継続するのだろう
美味しいものにこだわって、私たちを満足させてくれるお店の皆さん本当に有難う!


【名匠籐山】
長野県下伊那郡喬木村291-1 
0265-33-6000


posted by koutagawa at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

飯田市:ザ・ファンズ 餃子が美味しい中華屋さん

今日も1日暑かった
さすがの飯田も夏、いや真夏のようであった
そんな一日の締めくくり、お気に入りの、ザ・ファンズで夜ごはん

ココは手作り餃子が美味しいお店
で、夏のお勧めメニューから数品をオーダー

IMG_5799.JPG 茄子餃子
夏野菜の定番、茄子の餃子である
甜麺醤(テンメンジャン)で味付けした茄子を餃子に包み、蒸し揚げる
甜麺醤の甘みが特徴的で、珍しい餃子であった
一つひとつをきちんと手にぎりしているから、ちょっと不揃いであったりもするけれど、それも愛嬌
美味しさに形は関係ないからね・・・

IMG_5802.JPG 酸辣湯麺 (サンラータン麺)
細麺をしっかりと絞めているから、スープとの絡みは抜群
夏らしく、“冷やし”の酸辣湯麺は、酸味が効いていて、今日みたいに暑い日には最高
適度な辛味も食欲を誘い、美味しくいただくことが出来ることがうれしい料理である

このお店、いつも感心するのは、若いスタッフが元気良く働く姿
何となく、彼らに元気をもらえるような・・・
そんな雰囲気が楽しいお店である



【THE煌's】
長野県飯田市座光寺3948-1
0265-56-1717
posted by koutagawa at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

宮崎市:うを佐   宮崎市郊外の激うま寿司店

宮崎市の郊外のすし屋
昔は清武と言う町にあったらしいのだが、ココに移って約10年
決して良い場所ではないのだけど、オーナーが握る寿司の旨さが評判で繁盛を続けているお店

IMG_5777.JPG 中トロ
とろりとした食感、お口の中でとろける脂は、絶品である
カウンターに座り、オーナーの手捌きを、見ているだけでも楽しく、美味しそう

IMG_5778.JPG 玉子
こんがりとした焼き色は、見た目だけでも美味しそう

IMG_5780.JPG シマアジ
コレほどまでに、身が締まったモノは食べたことが無い
さすがにお魚の宝庫、九州
絶対に関東では味わえない美味しさに大満足

IMG_5782.JPG そうめん
モッチリとコシがあるソーメン
ちょっと柑橘系の酸味を加えた麺つゆ
今日はとっても暑かったので、このソーメンの味は格別

IMG_5783.JPG 数の子
この食感は堪らない
塩加減も濃すぎず、数の子の旨味を感じさせてくれる
正に黄色いダイヤである

IMG_5787.JPG レタス巻き
宮崎はレタスの産地、しかも日本一
そんな宮崎の美味しいレタスの美味しさを引き出すために、脇役に徹しさせるマヨネーズの使い方
コレは正に職人芸

町外れにありながら繁盛しているすし屋は、本物であった



【海鮮茶屋うを佐】
宮崎県宮崎市学園木花台桜1丁目21-5
0985-58-3532
posted by koutagawa at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

小林市:慶みん 二夜連続の慶みん

昨日に引き続き「慶みん」
とは言っても、京町温泉から場所を変え小林市へ

IMG_5754.JPG IMG_5753.JPG
昨夜の本店とは違い、こちらは大きなお店
昔コンビニだったお店を改装したらしいのだけど、これが上手く改装されていて、居心地が良いお店であった

IMG_5755.JPG
こちらも、本店近くの自家農園で栽培されたトマト
とっても甘くって、ドレッシングなんか要らないほど美味しい

IMG_5757.JPG
炭火で焼かれた、チャーシューの塊を、おろしポン酢でいただく
とってもサッパリいただける夏向けの商品である

IMG_5761.JPG
店頭のタペストリーにあった「冷麺」
麺と具が、別々に提供される
竹に盛られたグザイを丁寧に、面の上に並べる
もちろん掻き混ぜるのだから、こんな手間は掛けなくてもよいのだけど・・・

IMG_5762.JPG
出来上がり!
きっちりと絞められた麺が実に美味しい
ココの大将はこだわり屋さんで、このお店には、麺が5種類もあると言うから驚き

それにしてもこの盛り付け、ラーメン屋さんには見えないでしょ?
本店が庶民の憩いの場であるならば、ココはお洒落を楽しめるラーメン屋と言えるのではないか?
とんこつなのだけど、あっさりいただけるラーメンなので、女性のお客さまにも喜んでもらえそうな店なのです




【慶みん】
宮崎県小林市大字堤2965-1
0984-22-1055
posted by koutagawa at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。