2007年12月31日

横浜市:利休庵     年越しの蕎麦はココ

関内駅そばにある蕎麦屋「利休庵」
日頃のランチタイムも、多くのお客様を迎えているようであるが、晦日となれば、その混みようも一際である

IMG_8819.JPG
昨年は19:00ごろに伺ったら、お店の外にまで行列が・・・
で、今年は17:00に着いたのだけど、既に店内には行列
持ち帰りの蕎麦を求める者、店内での食事を待つ者、大変な賑わいである
待つこと数分、合席だが席に着くことができた
「今日はお祭りだから、勘弁して」との大将
確かに晦日の蕎麦屋はお祭りであるに違いない

IMG_8823.JPG IMG_8825.JPG 天つけ
温かい蕎麦はどうも苦手で・・・
いつも“天ざる”なのであるが、ココでは“ざる蕎麦”のことを“つけ”と呼ぶらしい

〆たてのみずみずしい蕎麦には、胡麻がふってある
蕎麦の香りに胡麻の香り、それに出汁の香り
更には、蕎麦のシコシコした食感
いつ食べても美味しい蕎麦である
が、天ぷらはイマイチ
2年目の教訓:忙しい日には、ココで天ぷらを頼むな
である

IMG_8822.JPG
一緒に“親子丼”を頼む
ちょっと迷惑そうな顔をされたが・・・
しかし、この親子丼は美味しい!
出汁が美味しい蕎麦屋であるから、汁が美味しいのは当然として、
鶏が美味しい  見事なまでの火の入れようである
更には玉子が美味しい
これまた完璧な状態で出される  硬く固まった玉子のお店も多いのだけど、ココでは見事なトロトロ
コレが丼の美味しさだと思う


「来年もお金が溜まりますように・・・」と念じながらの蕎麦
年越しの風流であります



【利休庵】
神奈川県横浜市真砂町2-17
045-641-3035
posted by koutagawa at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

横浜市:ジューシーブラウン       久々の米国産牛は美味しかった

横浜へお出かけ
どこでご飯にしようかと、久しぶりにスカイビルへ

そこで見つけたのがココ
“米国産牛”の文字に惹かれる
BSEから輸入停止へ あれから何年経ったのだろうか?


IMG_8818.JPG
久しぶりに見かける“米国産牛”
ソレを看板に掲げる、ステーキやハンバーグのお店なのである
店の構えは、ステーキ・ハンバーグって感じではない
コース料理をいただいてもおかしくないほどの雰囲気である

IMG_8813.JPG
で、いただいたのかコレ
分厚いステーキにも惹かれたが、先日食べたばかり
ハンバーグは・・・  ちょっとイマイチそそられない
って、ことでプライムリブ
じっくり時間をかけてローストされているので、余分な脂が落ちてヘルシーだし、旨味が凝縮されているから肉の味を純粋に楽しむことが出来る
そんな幸せな料理である
ココでは、マスタードソースが敷かれていて、その風味も楽しいのだけど、付け過ぎると肉の味を消してしまうので要注意


リブと言えば、「ロウリーズ」があまりにも有名であるが、他に
リブを扱うお店は多くないのが残念
久しぶりのプライムリブを堪能し満足な一日であった



【シューシーブラウン】
神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル10F
045-453-7715
posted by koutagawa at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

横浜市:若松       鮪の美味しさに唸る

友人と築地の話しをしていいたら、寿司が食べたくなった
最近、肉を食べることが多かったからかも・・・

IMG_8812.JPG
一人で寿司屋・・・  なかな粋ものである
「若松」
伊勢佐木町隣の繁華街、福富町にある寿司屋
開業から100年が過ぎたと言うお店で、現在は3代目なのだとか


IMG_8802.JPG
蒸しただけのシンプルな料理だけど、ツルッとむける皮、ブニュッとした芋の食感
里芋本来の土臭さをも、楽しめるものです
最近こういったものを食べる機会がなかっただけに新鮮な気分がして・・・  なかなか良いものであります

IMG_8803.JPG
舌に纏わるような、しっとりとした鮪
このお店、さり気無く“鮪”が美味しいです
冷蔵庫から、ブロックを取り出し必要な分だけ切り分ける
だから、こんなにしっとり
お店のどこにも謳ってないのですが、かなり鮪にはこだわりがあるのでは?

IMG_8808.JPG
見事の脂が乗った鰤
時期のものを堪能させていただきました

IMG_8806.JPG
シャリがちょっと冷たかったのだけど、ネタは鮮度抜群
コレで人肌のシャリだったら、どんなに美味しかったのだろう

IMG_8807.JPG
刺身の赤身も美味しかったが、この中トロには唸ります
トロッと滑らかでしっとりしていて・・・
お口の中で蕩けてしまいそうな・・・

IMG_8810.JPG
出汁がとっても効いていてプルンプルン
しかも具材もたっぷり
茶碗蒸しって大好きなんです


ココの大将
とっても気さくな方で、一人の私に気を遣ってくれる
料理の提供への気配りはもとより、退屈させないようにいろいろと話し掛けてもくれる

そんな気軽な雰囲気がステキな寿司屋
場所の割りに、料金も気軽であるのもうれしいお店である



【寿司 若松】
神奈川県横浜市中区福富町東通4-8
045-261-4430
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

横浜市:華隆餐館      生地の旨味を楽しむ刀削麺

1日中、部屋に篭って仕事をした
ご飯を食べることも忘れて、パソコンとニラメッコ
一つのことにココまで根をつめるなんて珍しいことだ

ようやく一区切りつき食事に出かけようとすると、外は雨が降っていて結構寒い  そういえば今日は窓から外を見ることも無かったなぁ

IMG_8785.JPG
最も近く、最も美味しく、最もお腹いっぱいになれて、最も手軽な・・・
そんな店を、思い浮かべるとココである
「華隆餐館」中国の方がやってるお店で、本格的な“刀削麺”が食べられるお店です

IMG_8786.JPG
店内には中国語のメニューが張ってあり、まるで中国の屋台にでも来ているかのような雰囲気
店内で聞こえる言葉は中国語が主流 スタッフ同士、お客さま同士、そしてスタッフとお客さま
ココでは中国語が共通語であるようです

IMG_8794.JPG 牛肉刀削麺
刀削麺のメニューも数種あって、辛いものから、そうでないものまで
今日は、煮込んだ牛肉がのった、辛味が無いものにした

IMG_8798.JPG
モッチモチの食感がたまらない美味しさが刀削麺
生地の塊を包丁で削るのだから、麺の太さも長さも不均等
おおよそ10mmくらいの幅で3mm〜5mmほどの厚み、長さは100mm〜150mm
であるから、麺をススルというものではないが、生地の美味しさが、しっかり伝わってくるのである

IMG_8791.JPG 四川炒飯
一緒に炒飯を頼む
自家製と言う“辛肉味噌”が入った炒飯で、その肉味噌の辛さが効いている
お口に運んだ途端に・・・ と言うものでなくジンワリと拡がる辛味
コレが旨い!!
お米の品質はイマイチであるが、その味付けは絶品

何となく入るのに勇気がいる店構えだけど入る価値はある
雰囲気が無い店舗、無愛想な接客であるが慣れるとこれも平気
話しかけてみると意外に人懐っこいスタッフだったりもするから楽しい





【華隆餐館】
神奈川県横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1F
045-261-6079
posted by koutagawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

千代田区西神田:タレカツ     神保町で新潟を楽しむ

遅ればせながら、最近話題の“新潟カツ丼”を食べに行く
と言っても新潟ではなく、神保町
会社から、徒歩5分ほどの仮想旅行であります

IMG_8783.JPG
白山通りの三崎町交差点を西方向へ曲がった次の交差点
「タレカツ」の看板が見える
ちょっと裏路地的な場所にあるのだけど、なかなか良い店構え

IMG_8776.JPG
メニューはシンプルに“カツ丼”と“ヒレカツ丼”だけ
それぞれに、ノーマルと特製があるのだけど、その特製とは2段盛りとある

IMG_8777.JPG IMG_8780.JPG
左がヒレ、右がロースなんだけど、見た目には区別がつかない感じ
どちらも、40gほどにカットされたお肉を叩いて伸ばしたものが4枚
かなりのボリュームである
ところでこのカツ丼、一般的な玉子カツ丼でもなく、長野のソースカツ丼とも違う
天丼と同じような丼タレに、揚がったカツを浸し丼に乗っけただけのシンプルなもの
醤油ベースでちょっと甘めのタレは、いかにも関東の味である

IMG_8781.JPG
食べ進んでいくと、ごはんの間から、更にカツが2枚
2段重ねとはこういうことであったのか・・・

シンプルと言うか淡白な味のダレであるから、味に変化が無く、飽き易い
であるから、卓上のからしを付けながらいただくことをお勧めしたい

私的には、ヒレのほうが柔らかく美味しく感じた
が、コレは間違いなく好みの問題であろう


カウンターだけのお店であるが、チョットしたお洒落感があり、女性一人でも入りやすい雰囲気で良い感じである
まだ行ったことが無い人は、何事も経験
チャレンジしてみてください



【新潟カツ丼 タレカツ】
東京都千代田区西神田2-8-9 立川Bビル1F
03-5215-1950
posted by koutagawa at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。