2008年04月30日

文京区:木村屋      レトロな手作りパン

ランチの帰り、パンを買う
決してランチが足りなかった訳ではなく、どうしてもココのパンが買いたかったのである
と言うのは、昔、どんな街にもこう言ったパン屋が数軒あったものなんだけど、今は姿を消してしまった
で、このお店には頑張って欲しくて、応援の気持ちを込めてパンを買う

IMG_0585.JPG
最近のパン屋は、トレイを持って、自分の好きなパンを選びレジへ向かうスタイルであるが、ここは違う
ショーケースにキチンと並べられたパンを、アレを一つ、コレを一つとお店の人に告げながら買うスタイルである
まるでケーキ屋さんのスタイルである
明らかに生産性は悪いが、お店の人とのコミュニケーションは計り知れないものがある
こういったお店こそ残って欲しいのである

IMG_0591.JPG IMG_0590.JPG IMG_0589.JPG IMG_0588.JPGIMG_0587.JPG
どのパンも特別の美味しさがある訳ではないのだけど、店主が気持ちを込めて作った愛情のようなものを感じる美味しさ
保存料なども使ってないだろうし、身体に優しい手作りパンである

この店、なんと昭和3年に創めたのらしい
その頃からの変わらないスタイルなのであろう
とっても懐かしさを感じるレトロなお店なのである

幼少期、学校帰りに母と待ち合わせし、こういったパン屋でお昼ごはんを買うことが土曜日の楽しみだったことを思い出す

ありがたきお店である



【手造りのパン 木村屋】
東京都文京区本郷2-31-1
03-3811-7537
posted by koutagawa at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文京区:加賀屋      お昼の定食は一見の価値あり

今日は比較的時間に余裕がある
で、会社から歩いて約10分「加賀屋」まで出掛ける

IMG_0578.JPG
以前、うちの会社の若い男の子が、「あそこのランチは凄い、ボリュームが半端ない」と騒いでいたのを思い出す
お昼の混雑を避けたいことと、少しでもお腹を空かせようってことで、13:00過ぎに会社を出た
お店に着いて注文を済ませた頃に、暖簾を下ろしはじめた
なんとお昼は13:30がラストオーダーらしい
ぎりぎり間に合った

IMG_0582.JPG
お昼のメニューは黒板に書かれた9つの定食のみ
もちろんコレは、お客様を待たせることなく、商品を提供するための工夫である
が・・・
その提供時間たるや、驚きのスピードである
注文を取ってくれたお姉さんがオーダーを通しに厨房に行ったかと思ったら、頼んだ料理を持ってくるではないか
待ち時間20秒位  
まぁ、注文を予測して、どんどん作っているようなので、たまたまタイミングが良かっただけなのかもしれないが・・・
それにしても、驚きのスピード提供である

IMG_0584.JPG
間口は2軒と狭いのだけど、奥に広くて一番奥には座敷もある
店内はキチンと掃除されていて、清潔感があるお店で、客層も良く女性のお客様も安心して入れるお店であるようだ

手軽なお値段で、ガッツリといけるボリューム
更に、提供時間が恐ろしく早いとくるから、本郷のサラリーマンご用達のお店である



【加賀屋】
東京都文京区本郷2-39-5 片岡ビル1F
03-3818-1194
posted by koutagawa at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

横浜市:LINA'S       パリに本店を持つサンドウィッチカフェ

祭日 チョットのんびり朝を過ごし、遅めのランチへ出かける
こんな天気が良い日は、オープンカフェにでも・・・
と、ずっと前から気になっていて、なかなかチャンスが無かったお店へ行く

IMG_10569.JPG
横浜地裁前にあるこのお店、チョクチョクと前を通ることはあったのだけど、いつも営業時間外
さらに、フランスのフィガロって雑誌で三ツ星を称された有名なお店であるようで・・・
ようやく今日、念願が叶ったのである

IMG_0573.JPG
30種類ほどサンドウィッチメニューがあり、サンドするパンを特製パヴェ、ライ麦入りブレッド、ホワイトブレッドから選ぶことが出来る
で、ワタシは「玉子とベーコン」をホワイトブレッドでオーダー
クリスピーに焼かれたベーコンの塩味、野菜にかけらたオリーブオイルの香りたっぷりのドレッシング 
更に玉子サラダとの相性が抜群
添えられた人参やパプリカのピクルスも、とても良い感じ
でこのお店、とってもお気に入りであります

IMG_0571.JPG
プロのバーテンダーが評価する、本物志向のジンジャエール
強いハードな味わいが喉を潤す
こだわりのお店が使う、こだわりの食材
とてもありがたき至福の時間である

元町のパンケーキ、関内のフレンチトーストにココ
たのしい休日が過ごせそうである



【リナス・サンドウィッチ・カフェ】
神奈川県横浜市中区弁天通1-1 東京電力ビル1F
TEL 045-222-7055
posted by koutagawa at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

千代田区:つじ田       ブームになりそうな肉そば

最近神保町辺りで増殖している“肉そば”
と言っても、日本蕎麦のソレではない
まるで、ラーメン界のつけ麺を蕎麦にしたかのようなモノである
この手の蕎麦は、西新橋の「港屋」っていうお店がはじまりと言われれているが・・・

IMG_10568.JPG IMG_0566.JPG
店構えは、まるで最近のラーメン屋のようであるが、ちゃんと“蕎麦作”の看板が・・・
入口には石臼があって、ソレで挽いているかどうかは不明だけども、ちょっと本物感を感じさせてくれる

IMG_0560.JPG
コレがお蕎麦
蕎麦掻のような塊を、機械に入れると、まるでトコロテンのように麺になって押し出される
ソレを数分茹でて、冷水で〆ると、このようなコシがある麺に仕上がるのである
この麺は、小、中、大とあって、どれを頼んでも料金は一緒
ワタシは中の300gをオーダーです

麺の上にさらしネギときざみ海苔を乗せて出来上がり
と、ココまでは日本蕎麦と、さほど差は無いのだけど・・・


IMG_10562.JPG
コレが蕎麦のつゆ
普通のそばつゆをベースに、ラー油をたっぷりと入れて辛味を付けたものに、半熟玉子、焼きネギ、バラ肉などの、具材を入れてゴマをたっぷりかけてあるのだ
結構辛味が効いているし、そばつゆの和風出汁も良い感じのバランスに仕上がってますね

IMG_0557.JPG
卓上には、真っ赤な天かすと普通の天かすが置いてある
真っ赤なほうは、“鬼かす”と呼ばれ、「更に辛味が欲しい人はどうぞ」ってことである
他にも、卵やうずら卵が置いてあって、これらも無料である


日本蕎麦だと、軽すぎて夕食にはちょっと・・・
って感じであるけど、コレなら大丈夫
新しい蕎麦の食べ方に、ちょっと感激であります



【蕎麦作 つじ田】
東京都千代田区神田小川町1-1
03-6659-7676
posted by koutagawa at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体に良さそうな“17品目のサラダ”

ゴールデンウィークの中日とは言え、仕事をしている人は多いようだ
まだまだ、こういった日に、胸を張って休める企業は少ないのであろう
もちろん私も出勤
と言うわけで、今日もセブンイレブン

IMG_0552.JPG
17品目のサラダ・・・
体に良さそうなのではないですか?

IMG_0553.JPG
タレをからませた鶏の唐揚げ
コレがちょっとイマイチではありますが、なかなか面白い商品である
昔、こう言った商品で、揚げたてのチキン竜田揚げをサラダに乗せたヒットメニューがあったように記憶しているが正にソレ
これだけでも、十分な食事になる一品であります

が、ココのドレッシング
野菜の分量との関連性は無いようですね
1PACを全部かけてしまったワタシは、ドレッシング付けの野菜を食べる破目になってしまいました

折角、体に良い商品なのに・・・
残念です
posted by koutagawa at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コンビニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。