2008年12月31日

関内:「利休庵」      ココの蕎麦で一年を締めくくる 

大晦日
早いもので、今年も今日で終わり
街も18:00を回ると人影が少なくなり静けさが出てくる

諸外国では新年を迎えることを大勢で祝うことが多いようだけど、日本では静かに正月を迎える風習がある

大晦日の風習に年越し蕎麦というものがあり、細く長く達者に暮らせることを願って蕎麦を食べる
それは年を越す前に食べきらなければならず、蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないなどと言われる

で、夜ごはんを兼ねて蕎麦をいただく


DSC_2507-1.JPG
いつものようにいつもの蕎麦屋
お気に入りであるにも拘らず、年に一度大晦日にしか来たことが無い蕎麦屋でもある

今日は、通常20;30閉店のところ、22:00まで延長しての営業
多くのお客さまがココの蕎麦を年越しにしようと列を作っている
お店に着いたときには既に列が出来ていて、お店の外には約20人ほどが並んでいる
店内にも待っているお客さまがいるので、たぶんワタシの前には30人ほどが待っているのであろう

今日はお祭りでもあるので、合席で案内される
だから、意外にも待ち時間は少なく、席に着くことができた


DSC_2506-1.JPG
辛み大根おろし蕎麦
蕎麦に辛み大根は良く合う
そして、大根は風邪に良いと言われるので、それをオーダー

当然、注文も殺到しているので、天ぷらが付いているものは時間が掛かる
コレは昨年学習したことであるが・・・

蕎麦はどんどん茹でているのであろう、私のオーダーは待つことなく提供されたが、
ちょっと乾いていて、手繰ろうとすると団子になって、食べづらいこと
が、辛み大根を入れたつゆは、さすが老舗の味で間違いないもの
やはりココの蕎麦は美味しいのである




【利久庵】
神奈川県横浜市中区真砂町2-17 利久ビル
045-641-3035

posted by koutagawa at 22:49| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

関内:「おかず割烹 慎」       こだわり抜いた美味しいご飯とそのお供

とっても久しぶりって思ったら、前に来たのは今年の1月5日
大好きなお店なのに、ちょっと機会を失っていたのであります


IMG_3008-1.JPG
変わらぬ美味しさで迎えてくれるお店
ありがたいことでありますね

今年の営業は今日で最後なのだとか・・・
なんと、今年の仕事始めと仕事納めの両日にお邪魔したワタシ
あまりの偶然にちょっとビックリ


IMG_2996-1.JPG
叩いた胡瓜に金山寺味噌を付けていただきます
何故かマヨネーズが添えてあるのは現代人向けなのでしょうか?
まぁ、マヨネーズが悪いとは言いませんが、風流に欠けますねぇ


IMG_2998-1.JPG
自分で注文するといつも同じようなものになるからと、同行者に注文を任せたのでありますが・・・
何故か、いつものしょうが焼

しかし、いつ食べても美味しい
変わらぬ美味しさって良いモノですね


IMG_3004-1.JPG
このお店の看板メニュー、土鍋ご飯であります
炊き立てでツヤツヤ
宮城県大崎市のひとめぼれにこだわるお米は、ひと粒ひと粒がしっかり立っています


IMG_2999-1.JPG
そんなこだわりのご飯を更に美味しく演出するのがコレ
ご飯のお供であります
明太、チャンジャ、海苔の佃煮、筋子・・・
美味しくご飯をいただく為の秘密兵器が盛り沢山

シンプルに美味しいご飯をいただくってことは、ホントに幸せなこと
そう思えるひと時でありました



【おかず割烹 慎】
神奈川県横浜市中区相生町4-65 ポラリスIF
045-315-3223

posted by koutagawa at 23:48| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬車道:「半どん」     やきとり屋の親子丼でランチ

馬車道にある焼き鳥屋
ずいぶん前からココの存在は知っていたのだけど、日曜定休と言うことで、なかなか機会に恵まれなかったお店である


IMG_2989-1.JPG
新しいビルが立ち並ぶ馬車道に、時代錯誤するようなレトロな建物
そこに、数軒のお店が並ぶ長屋風

店内は1Fがカウンター12席と、4名テーブルが3つ
2Fには15人ほど入れる宴会席があるようだが、大きなお店でない
通常であれば近所のビジネスパーソンで満席なのであろうが、もう仕事納めしている会社がほとんどなのであろう
数組のお客さまがいるだけだった


IMG_2991-1.JPG
席に着くと、明るく元気な女将が「今日は何の丼にします?」と声をかけてくれる

ココのお昼は、親子丼 とり丼 かつ丼 えび丼 えびかつ丼と、豚汁定食だけのメニューである
迷うことなく親子丼を注文し、待つこと数分で提供されるスピードにビックリ
全てのメニューが800円以下であるので、回転が勝負なのである

提供された親子丼には鶏肉がゴロゴロ
卵は1個しか使ってないようだけど、固まり過ぎず良い感じの柔らかさ
しっかりした出汁が効いていて、最後のひと粒までご飯を美味しくいただくことができる

鶏肉には事前に味をつけてあるので、これも美味
余分な脂はきちんと落としてあるから、鶏肉の脂はちょっと・・・
と言う方にはココの親子丼はお勧めである



【半どん】
神奈川県横浜市中区常盤町5-59
045-681-1240

posted by koutagawa at 15:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

石川町:「洋食の美松」      ボリュームたっぷりのメンチカツ

ちょっと洋食が食べたくなった
出来れば気軽で美味しいトコ
で、一駅隣の石川町まで散歩しながら美松へ向かう


DSC_2494-1.JPG
1Fに20席ほどの小さなお店
厨房はピカピカに磨かれているところから、オーナーの真面目な姿勢を垣間見ることが出来るような気がする

キチンと手作りしてくれるので、美味しいモノがいただけるお店でもある


DSC_2496-1.JPG
キチンとじゃがいもをふかして作ったポテトサラダ
ちょっとワタシには薄味なんだけど、ちゃんとじゃがいもの風味がするモノ


DSC_2498-1.JPG
揚げたての熱々メンチカツ
勢いよく頬張ってしまったので、口の中を火傷しちゃいました

注文が入ってから、メンチを丸め衣を付ける
だから、玉ねぎの香りも活きているし、とってもジューシーである
油切れも良くサクッと揚がった衣に、たっぷりのデミソースとケチャップ
これまた、ちょっと薄味なので、ウスターソースを掛けて一層美味しくいただきました

添えられた赤スパがとても懐かしくて・・・

このメンチカツ、かなりボリュームがあるのでかなりお腹も満足

帰りも、一駅歩いて帰ります


【洋食の美松】
神奈川県横浜市中区石川町1-19 平野ビル1F・2F
045-681-8390

posted by koutagawa at 23:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

伊勢佐木町:「杜記」      プリプリのワンタンにコリッコリのフカヒレ

伊勢佐木町の中で最も人気が高いであろうお店
1年ほど前に改装されて火鍋を主力としたお店に衣替えされたのだけど、変わってから始めて訪問


DSC_2488-1.JPG
火鍋以外にも豊富なメニュー
アレにしようか、コレにしょうか?
アキレスを煮たやつも美味しそうだし、海鮮と卵の炒めも美味しそう・・・


DSC_2491-1.JPG
散々メニューと睨めっこした挙句に選んだのがコレ
フカヒレ入りワンタン湯麺

プルンプルンのワンタンと、コリッコリのフカヒレ
醤油味のトリガラスープと良い相性
麺は、自家製?の太麺でシコシコモチモチ
なかなか良いラーメンであります

中華街にある杜記の系列である様子だか、ココにはその名物の刀削麺が無いのは残念



【杜記】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310

posted by koutagawa at 23:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。