2009年09月30日

長野:「四川楼」      香り高い油が美味しい中華

DSC_1445-a.JPG

長野の夜ごはん
何にしようかと、ググッて見たけど蕎麦屋、ラーメン屋、居酒屋ばかりで、コレと言ったお店が見当たらない


DSC_1448-1.JPG
ホテル内の中華レストラン
ずいぶん前に一度使ったことがあるお店で、結構ちゃんとしているんですよココ


DSC_1440-1.JPG
厚めの皮包まれた餃子はモチモチでもちろん美味しいのだけど、これに掛けられた辛味ダレが実に良いモノ
中国醤油を使っているのか独特な香り、辛味の中に見え隠れする甘みは甜麺醤でありましょうか お気に入りであります


DSC_1436-1.JPG
たっぷりと油を含んで、ふんわりと仕上がった玉子を想像していたのだけど・・・  煎り玉子?って位に固まった玉子にちょっとガッカリ

中華料理とは油と火の料理
ほとんどの料理に油を使うのだけど、その油につける香りが豊かであること
ネギ油であったり、鶏油であったり、生姜油であったりと、その使い方が実に良いのであります
椎茸、筍、それに蟹肉がたっぷり入っているのですが、味の決め手はネギ油、ちょっと生姜の香りも加わって味を引き締めています

日本にはたくさんの中華料理店がありますが、ココがしっかりしているお店は意外に少ないのでは・・・


DSC_1444-1.JPG
〆にいただいた坦々麺
ゴマの甘みが強くなりすぎないように、ちょっと酢が使われている
口の中ではそれほど辛味は感じられないのだけど、食べ進むにつれジワジワと額から流れる汗
本物であります


料理には全く不満は無いのだけど、サービスはよろしくありませんね
中国の方を使われているのしょうが、もう少しキチンと教育して欲しいものです



【四川楼】
長野県長野市大字鶴賀問御所町1221
ホテルJALシティ長野2F・3F
026-226-0404

posted by koutagawa at 23:46| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 信越・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

新宿:「壁の穴」     明太子大好き、パスタ大好き

DSC_1431-a.JPG

一日中、グズグズした天気
気温のわりに、湿度が高いせいか暑く感じた一日でもあった

出張帰りの新宿
お気に入りの明太パスタで夜ごはん


DSC_1433-1.JPG
新宿駅 京王モールのお店だから、雨が降ってても平気だし、何より1人でも気軽に入れるところが最高なのであります
いつ行っても混んでるのですが、意外に回転が早いので、それほど長い時間待たされることはありません
今日も人の後ろに付いて、しばし待つことにいたしましょう


DSC_1430-1.JPG
いつもの明太イカに、シメジとアサリをトッピングです

まずココの明太パスタの美味しさは、明太の量にあるのです
しっかり麺に絡めながらいただいても、器に残った明太の量はスプーン1杯を超えるほどであります

次に、プリッとした歯ごたえがある独特な麺であります
他のレストランで使われる乾麺とは異なり、いわゆるアルデンテとは違うプリッと感なのであります

プリッとした麺にプチプチの明太、それにグニュっとしたイカの刺身
この不思議な食感の組み合わせが最高!でもあります


それに今日はシメジとアサリ
ちょっとした贅沢をさせていただきました


DSC_1426-1.JPG
真剣な顔つきのシェフ
ベテランと言う自信が表れているようにも感じます

こういった和風のパスタ
なぜか、若い料理人が作るとワタシのイメージとちょっと違うモノになってしまうのです
イタリア料理から発想する和風パスタではなく、ナポリタンのような日本人が開発したパスタ

ココのパスタは見事に後者なのであります
ですから、毎日食べても飽きない
そんな日本人好みの味が、とってもお気に入りなのであります

最近朝早くからやっているとのこと
朝パスタってのも良いかも・・・



【壁の穴TIVOLI 】
東京都新宿区西新宿1 新宿南口地下街1号京王モールB1F
03-3343-5034

posted by koutagawa at 23:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

銀座:「天龍」      とにかくでっかい肉汁たっぷりの餃子

DSC_1412-a.JPG

大きな餃子で夜ごはんにしよう
と銀座へやってくる


DSC_1395-1.JPG
かなりメディアにも取り上げられているお店で、平日とは言え行列が出来るお店である
当然、今日も行列、2階に上る階段で待つ
ちょうど宴会のお客様が帰られたのか、10分ほどの待ち時間で案内される


DSC_1405-1.JPG
炎の鶏肉炒め
ちょっと面白いネーミングに惹かれ、小姐に尋ねると「小さく切った鶏肉を野菜と一緒に炒めたもの」とやさしく答えてくれる

辛い!!!!
見た目、それほど辛いようには思えず、安易に口へ入れたのだけど・・・
最初はそれほど辛さは感じなかったものの、一気に辛さが出てきて咽ること咽ること
ニンニク醤油に漬け込まれた鶏肉を、青唐辛子の辛味が効いた油で炒めてあるようだ


DSC_1403-1.JPG
柔らかい麺の焼そば
モヤシ炒め?と思うほど、たっぷりのモヤシと玉ねぎに埋もれた焼そば
麺が美味しい
鶏油で香り付けされて、ちょっとした贅沢を感じる一品であった


DSC_1409-1.JPG
天津飯
至って普通の天津版であったのだけど、その餡の甘味が、先ほどの辛みをうまく調和してくれて助かった


DSC_1411-1.JPG
ほとんどのお客さまが注文する名物の餃子
立て込んでいたのか、ココでようやく提供された
全長120mmを超えるであろう大きな餃子は、別名バナナ餃子とも・・・
一般サイズの4倍、いやそれ以上の大きさである

ニンニクもニラも使ってない餃子なのだけど、餡にしっかり味付けがしてあるので、ごはんのおかずにもいけるモノ
モッチリした甘みを感じる皮が、パリッと焼かれて美味しさに色を添えている

驚くのはジュース
コレだけの大きさなので、当然一口では無理
で、噛み分けることになるのだけど、そのときにダラダラと吹きこぼれるのである
とり皿を添えていただかないと、大変なことになるので要注意であります


DSC_1417-1.JPG
〆に頼んだ「ニラそば」
サラッと、ツルツルっと・・・
そばをいただこうと思ったのだけど、たっぷりのニラと、たっぷりの鶏肉を炒め、ソレを片栗で綴じた、とろっとスープのそばがやってきた
美味しいのだけど、味も濃い
かなりガツンとお腹にやってくるそばであった


それにしてもこのお店、女性のお客さまが多い
餃子をおかずに飯を喰う
そんなイメージの店であるのに、とにかく女性が多いのだ
しかも、女性同士っていうのが圧倒的

肉汁ダラダラの餃子にかぶりつく女性
男には見せられないけど、美味しいものは食べたい
そんなことなのでありましょうか???



【銀座天龍】
東京都中央区銀座2-6-1 中央銀座ビル1・2F
03-3561-3543

posted by koutagawa at 23:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千石:「鉄板焼なかむら」    脂たっぷりの鮭ハラスと立ち食いの蕎麦  

DSC_1382-a.JPG

今日は朝からの会議で、ちょっとバタバタ
「お腹が空いた」と騒ぐ仲間のためにも近場で済ませることにする


DSC_1387-1.JPG
なかむら
鉄板焼のお店とあるが、昼は定食屋である
前回、秋刀魚の塩焼きがとっても美味しくって、ちょっとお気に入りなお店である


DSC_1382-1.JPG
今日は鮭ハラス焼にするが、コレがまた上出来
カリッと皮目が焼かれている
そして、コレでもかってくらいに脂が乗っている
しかも、大振り

レモンをタラっと絞り、添えられた大根おろしと共に頬張る
美味し!



DSC_1389-1.JPG
帰りに、姉妹店が今日開店なんですよと、ティッシュをもらう
見ると、ここから目と鼻の先
行ってみましょう

仲村屋
千石駅を上がった、ampmの隣にある雑居ビルの1階
ちょっと奥まったトコロで、開店の花輪が無ければ見過ごしていたような場所である


DSC_1393-1.JPG
ココは立ち食いの蕎麦屋
ちょっと固茹でにした麺の歯ごたえが良いし、出しも程よく甘味があるもの
天ぷらだってサクッとしていて、油っぽくない

若いお兄さん2人が、かなり真面目にやっているお店であります
ちょっとお気に入り

また1軒、ランチのお店が増えました



【鉄板焼なかむら】
東京都文京区白山5丁目18-10 フューチャービュービル1F
03-3945-0246

posted by koutagawa at 14:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

関内:「敦煌」     久しぶりの訪店 翡翠餃子をいただく

DSC_1376-a.JPG

夜ごはん
どこに行くとも、何を食べるとも決めずに出かけてしまい、途方にくれる結果に・・・


DSC_1364-1.JPG
ファミレスしかないかな と諦めかけたとき、偶然に通りかかったお店
実は一時、はまったことがあるお店で、料理人が代わったからか、味が落ちたような気がして足が遠のいていたトコロが改装してキレイになっているではないか


DSC_1369-1.JPG
入り口に置かれたメニューを見ていたら、「ナカニモ メニューアルヨ」と声をかけてきた小姐
この娘の可愛い笑顔に惹かれて入店

イカの辛味ソース
う〜〜ん このイカはちょっと・・・
100円寿司でも使わないような薬品くさいイカでありました
この臭いがソースにも移っていて・・・ そのまま残してしまいました


DSC_1375-1.JPG
翡翠餃子
この商品に関してはちょっとトラブル発生
「アマタセシマシタ」と出されたものは「水餃子」
そうなんです “ひすいぎょうざ”と頼んだのですが“スイギョウザ”と聞こえちゃったんですね
申し訳なさそうに謝る小姐は、こちらまで恐縮してしまうほど
こんな気持ち、久しぶりだなぁ

で、翡翠餃子
モッチとした皮に、ジューシーな餡
餡に味がついているので、そのまま美味しくいただくことが出来ます
良く出来てるなぁコレ


DSC_1373-1.JPG
〆にチャーハン
鮭と青菜の炒飯とメニューにあるのですが、出てきたのはシラスと青菜
細かいことは気にせずいただきましょう
ってか、コレもすばらしい美味しさなのです

絶妙な塩加減で味が決まってますし、レタスのシャキシャキとした食感も残っているし・・・


美味しい料理に、気さくな笑顔
またしばらく、ココには通うことになりそうです



【敦煌】
神奈川県横浜市中区末広町2-4-8 第三平安ビル1F
045-253-1361

posted by koutagawa at 23:05| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。