2008年09月15日

石川町:「美松」      昭和の洋食がココにあり

石川町の洋食屋「美松」へ行く
20席ほどの小さなお店を、2代目(と言っても、ちょっと高齢)と女性二人でやってるようだ

DSC_1071.JPG
石川町駅の南口を出て、徒歩2分くらい
元町へ向かう川沿いの道の、一つ裏
小さなお店だけども、意外と見つけやすいから迷うことは無いでしょう

IMG_2349.JPG ハムサラダ
キャベツの千切りの上にレタスやきゅうり、そしてトマトとハムをトッピングしたもの
何とも懐かしい、クリーミーなフレンチドレッシングが掛かってます

IMG_2352.JPG
昭和の洋食と言えば、ハヤシライス
じっくりと煮込まれていて、お肉がフォークで切れるほど
ソースは、濃厚なフォンドボーと言うものではなく、どちらかと言えばトマト系の味が強いモノ

IMG_2353.JPG
そして、今日どうしても食べたかったのが、メンチカツ
コレがかなり巨大サイズでビックリ
ふわっふわのメンチがサクサクの衣で覆われ、中はジューシー
ソースの味が薄めですので、濃い味が好きな方は卓上のソースを掛けていただくことをお勧めします

IMG_2356.JPG
更に一皿、スパゲッティーミートボール
昔懐かしい、太麺のナポリタン
それに、ミートボールが3個
コレ、ミートボールってより、小ぶりなハンバーグであります ホントに・・・

基本的にココでは、下準備をあまりしていない
注文が入ってから、ほとんどの工程を調理していく
だから、少し時間は掛かるのだけど、その分、新鮮で美味しい料理をいただくことができるのであります

今日、始めてココへ来たのですが、かなりお気に入りになりました
料理の味やボリュームにも満足したのですが、最もファンになったのは、接客の気軽さ
とってもフレンドリーだし、調理場での掛け合い漫才が愉快で・・・

お腹が空いたお昼時、フラッとココを訪ねるのもよいでしょう



【洋食の美松】
神奈川県横浜市中区石川町1-19 平野ビル1F・2F
045-681-8390

posted by koutagawa at 23:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

美松@石川町
Excerpt: この土曜は、一年に一回開催される家内が所属する工芸教室の作品展をブラフ18番館まで見に行った。山を登る前にランチをとることに。 時刻は13:00をとっくに回っていたので空いていると思ったのだが、..
Weblog: MusicArena
Tracked: 2012-12-07 18:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。