2009年11月03日

石川町:「かばのおうどん」    豚の角煮が入った、つけ汁うどんをいただく

DSC_2253-a.JPG

困った天気です
お天道さまは、上着を脱がせてあげようと、暖かな陽射しを送ってくださるのですが、風さんがソレはならんと、ビューとつめたい木枯らしを吹かせ、それを阻もうとしています
オータムコート(スプリングコートと併用ですが・・・;)を、着ると暑いし脱ぐと寒い
そんな今日の天気は苦手であります


DSC_2244-1.JPG
「かばのおうどん」ってお店
夏前に開店したお店、ちょっと気になっていたのであります

ココがお弁当屋さんであったことは記憶しているのですが、いつの間にか、何の前触れも無く、あっという間に、変わっていたのです
白を基調とした外壁、カフェかと思わせるような落ち着いた雰囲気の店内 女性一人でも入りやすい雰囲気のお店に仕上がっております

5テーブル10席と、カウンター8席
小さなお店ではありますが、しっかりと満席状態
開店して数ヶ月、早々人気店の仲間入りでありますね


DSC_2254-1.JPG
かけうどんや、ぶっかけうどんもありますが、ココのウリは「肉うどん」である様子、早速いただくことにしましょう

ココの肉うどん
豚の角煮がゴロッと入っております
しかも、写真のような大きさの角煮が3つも
さらには、ごぼうにネギ、そしてたっぷりのきざみ揚げまで
本当に具沢山であります

で、つけ汁
コレはかなり甘めの仕上がりであります
角煮の煮汁を、かつおで摂ったうどん出汁で割ったような・・・
そんな甘みであります


薬味として供されたネギと辛子
本来、辛子は角煮に付けることが目的なのでしょうが、あわて者のワタシは、辛子を半分ほど汁に溶いてしまったのですが、コレが怪我の功名とでも言いましょうが、甘みがきつかった汁の味が絞まり、一層美味しくいただくことが出来ました



古くから食されているうどんでありますから、
うどんには、その地方の文化が溶け込んでいるものであります
讃岐には讃岐の、関西には関西の、埼玉には埼玉の文化があるのです
たとえば肉うどん
関西では、かけをベースに牛肉を煮たモノが乗っかってますし、埼玉では、豚バラのスライスが入った熱々のつけ汁に、冷たく絞めたおうどんを付けていただく
このように、まったく別のモノであったりするのです

で、ココのうどん
ドコドコの地方の○○風ではなく、独創性豊かなモノであります
大将(かばに似ているという噂の・・・)が美味しいと思ううどんを提供するのだと言うからステキではないですか

○○風と言えば、モノマネであったり偽者であったりして、決してナンバーワンにはなれない
だけど、自分が美味しいと思えるものを提供するのであればオンリーワンなのであります


大将(かばに似ているという噂の・・・)、これからも美味しいおうどんを楽しみにしています
ごちそうさまでした




【かばのおうどん】
神奈川県横浜市中区山下町276-2
045-651-5480

posted by koutagawa at 21:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

横浜石川町にあるカフェのようなおしゃれなうどん屋さん「かばのおうどん」
Excerpt: 先日、たまたま雑誌で横浜の石川町にちょっと変わったうどん屋さんがあることを発見し、さっそく行ってみることにしました。 行ってきたうどん屋さんは「かばのおうおどん」というちょっと変わった名前のお店..
Weblog: 横浜ブログ
Tracked: 2010-03-24 22:48

かばのおうどん@元町
Excerpt: 寒波も一段落し、ちょっと暖かい土曜だった。元町と中華街のちょうど端境にあたるエリアに3年ほど前に開店した饂飩専門店だ。店の前はたまに通って認識はしていたがなかなか入る機会がなかったところ。だいたいいつ..
Weblog: MusicArena
Tracked: 2012-02-06 11:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。