2010年08月31日

JR関内駅:「寅」     三浦の美味しいお魚が自慢の居酒屋でランチ

DSC_8087-a.JPG

ランチが激アツな街「関内」
関内という街には夜を中心とする商売をしているお店が多くって、ちょっと前までは近隣のオフィスに勤める方々が、ランチ難民にならぬよう駆け回っていたのでありますが・・・

最近の不景気の所為でありましょうか、夜しかやってなかった居酒屋系のお店が、こぞってランチの営業を始めているようであります
そのため、最近ではちょっと様相が変わってきてまして、お客様を一人でも多く呼び込もうと、店員さんが店頭で大声を張り上げている光景を目にするようになりましたね


DSC_8091-1.JPG DSC_8092-1.JPG
こちらもそんなお店のひとつでありましょうか?
関内駅北口を出て北東に歩き、尾上町交差点を渡ってすぐにある紳士服屋さんの裏通りにある「寅」ってお店
炎天下の中、ランチメニューが書かれた黒板を天高く持ち上げ大声でお店の宣伝をしている店員さん
ソノあまりの頑張りように釣られて初めてお邪魔しました

コチラのお店、三浦を中心とする三崎の漁港で獲れた新鮮なお魚を中心としたお店であります
先ほど店頭で頑張っていたお兄さん、まるで市場で働いているかのようで、こちららしい活気であったのかもしれませんね


DSC_8088-1.JPG
今日は、良いシラスがはいったようで、「釜揚げシラスと生シラスの二色丼」がイチオシのようでありましたが、ワタシ、シラスって得意じゃないんですよね

でいただいたのは、旬真っ盛りの「いわし」であります
いわしの蒲焼丼って珍しいですね
新鮮な鰯を、惜しみなく素揚げして、それに甘めの蒲焼のタレを絡めてあるのですが、ちょっと味に変化が無いですね 
生姜の風味などが加われば更に良しなのでありましょうが・・・

しかし驚くのは、丼よりも大きな碗に注がれたあら汁
これでもか! と言わんばかりに金目鯛のアラが入った豪華版であります
昨夜のお勧めメニューが壁に貼ってあったのですが、その一番メニューが「金目鯛の湯引き」でしたので、ちょっと納得ですが、このボリュームには圧倒されます


DSC_8084-1.JPG DSC_8085-1.JPG
夜が中心のお店でありますから焼酎がすらりと並べられた棚があったり、若いスタッフが一生懸命働く姿を一望できるオープンキッチン
お客様もスタッフも盛り上がった活気いっぱいの店内が、想像できて楽しそうなお店でありました



オフィスの中心部からの出口に当るこのお店
12:30頃に伺ったのですが、近所のオフィスから出てきたようなお客さまはいらっしゃいませんでした
この暑さじゃ、お昼に10分近く歩いてまでコチラでランチするって人は少ないのでしょうね
これからも、ドンドン美味しいランチを売って、お客様を集めてくださいね
頑張って!

2軒隣にも同じく大声を上げているお店があって、覗くの女の子だけでやってる小さな「チョイ飲み屋」でありました
次回はソチラにお邪魔してみようかな(笑)




【三浦 魚酒場 寅】
神奈川県横浜市中区常盤町3-35-2
045-641-5644

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



三浦 魚酒場 寅
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 19:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。