2010年02月18日

徳島:「なかむら」     深夜にいただくご馳走焼肉

DSC_4772-a.JPG

徳島での打合せ
ちょっと夜遅くまでかかってしまい、深夜の食事となる
すでに23:00を回っていて開いてるお店を探すのにひと苦労でありましたが、美味しいと有名な焼肉屋があいているとのコトで、そちらへ向かう


DSC_4761-1.JPG
「なかむら」と言うお店
2月1日で3周年と言うことで、イベント期間中でありました
残念ながらダイレクトメールを持っていないワタシたちは、その対象ではありませんでしたが・・・


DSC_4764-1.JPG
まずはキムチ盛り
量的には不満でありますが、そのお味はなかなかのモノ
辛味だけが強いお店も多いのですが、こちらはその辛味に旨みがあってとっても美味しいものであります
チャンジャが添えられているもの、ワタシ的にはうれしいことでありました


DSC_4767-1.JPG
上タンを塩でいただきます
刺しが入った上モノを贅沢はほどに芯だけ切り出したもので、その甘さは最高
これこそ、上タンでありますね
塩でいただいて正解でありました


DSC_4773-1.JPG
こちらは特選のお肉
カルビ、ロース、ハラミであります

さすが特選、刺しかキレイに入った甘みあるお肉でありました
確かにやわらかく美味しいのでありますが、やっぱり脂が多くてたくさんいただくことが出来ませんね


DSC_4777-1.JPG
で、こちらは並みのお肉であります
カルビとロースをいただきましたが、これで並?と言いたくなるほど立派なモノ

これだったら、特選をいただかなくても十分に納得できる美味しさであります


深夜だし、軽く済ませようと思っていたのでありますが、この美味しさについつい食べ過ぎちゃったようです
明日からはヘルシーを心掛けなければ・・・




【焼肉処 なかむら】
徳島県徳島市両国橋16-1 あすなろビル1F
088-654-2618



今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





posted by koutagawa at 23:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

徳島:「阿波恋しぐれ」     阿波尾鶏のモモ焼きに感動する夜ごはん

DSC_4292-a.JPG

打ち合わせが終わったのが22:00過ぎ
こんな時間だと、美味しいものは諦めるしかないだろうから、チェーン店にでも行くしかないかな
と、思っていたのだけど・・・


DSC_4277-1.JPG
徳島の美味しいものが満載と言う噂の居酒屋が、24:00までやっているとのこと
早速向かいましょうと車を走らせる
途中、ちょっと迷ったりもしたけど無事に到着することが出来ました


DSC_4281-1.JPG DSC_4282-1.JPG
コレがお通し
コレが運ばれてきたときには、飾り付けの派手さに驚かれました
つかみはOKってトコでしょうか(笑)


DSC_4286-1.JPG
刺身5種盛り
これまた、飾りはなかなかですね
が、徳島の魚と言うことに対する期待が大きすぎたからなのでしょうか・・・
ちょっと身に締りを感じない、ダラっとした感じで残念でありました


DSC_4297-1.JPG
今日の一押しのお勧めと言う鮑
大ぶりのものから、小ぶりのものまで
大小3段階あるというので、中サイズのものを刺身でいただきました
バター焼きにも引かれたのですが、焼かれて身が小さくなっても悲しいからと、刺身を頼んだのですが、コレが大正解
磯の香りと、コリコリとした食感が、堪らない美味しさであります


DSC_4291-1.JPG
阿波尾鶏のから揚げ
昨今の地鶏ブームの中、最も多くの流通をしていると言う阿波尾鶏であります
希少という価値観はありませんが、それだけ多くお人に好まれていることに頷ける、食べやすい地鶏であります

ニンニク醤油の味付けは、ご飯が食べたくなるような美味しいものでありました


DSC_4295-1.JPG
同じく阿波尾鶏のモモ焼き
食べやすく開いてくれた鶏モモを、炭火でパリッと焼き上げたモノで、たっぷりのニンニクが、強烈にその存在をアピールしているような香り
表面はカリっと、そして中はジューシー
一緒にビールなんて最高でしょうね


メニューを見る限り、和食のお店ってイメージだったのですが、
「ココの料理長は洋食が得意なんだろうなぁ〜」
なんて、思ったりいたしました




【阿波恋しぐれ】
徳島県徳島市沖浜東1-6
088-655-5149

posted by koutagawa at 23:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

徳島:「十割」  本物の海老の香りが美味しい天ぷら蕎麦

DSC_3273-a.JPG

昨晩の内に徳島へ移動し、朝から徳島でのお仕事
ある程度の打ち合わせを午前中に済ませ、蕎麦でランチといたしましょう


DSC_3275-1.JPG
徳島市郊外にある蕎麦屋
十割蕎麦をウリにしていると聞き、コチラへお邪魔することに
「十割」
専門店らしさは持ちながらも、明るい店内で入り易い雰囲気
気軽に利用できる蕎麦のファミリーレストランでありましょう


DSC_3271-1.JPG
比較的リーズナブルな価格で提供される蕎麦メニューがズラリ
蕎麦はやっぱりせいろでしょう
でも今日は寒いし、温かい蕎麦にしょうか?
悩むところであります

散々迷った後、選んだのは、温かい天ぷら蕎麦
自店で殻を剥き、キチンと伸ばした海老
とってもプリプリしていて、香りも豊か
手間隙をかけてあるからこそ味わえる美味しさを満喫させていただきました



【麺匠 十割】
徳島県徳島市北島田町1-55-1
088-633-3668

posted by koutagawa at 22:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

高松:「竹清」     今日は讃岐でおうどん

DSC_2810-a.JPG

うどん好きなワタシ
今日もうどんをいただく


DSC_2806-1.JPG
ちょっとお昼に時間があって、それで高松で下車
うどんの聖地?
讃岐であります


DSC_2808-1.JPG
駅から歩いて20分ほど
観光通り沿いにあるセルフうどんのお店
開店直後と言うことで、それほどの行列は無いものの店内は満席であります


DSC_2809-1.JPG DSC_2812-1.JPG
ココのウリは天ぷら
入り口を入ってすぐのところに揚場があって、そこで上げられた天ぷらを、列を作っているお客に勧めて回る
当然この天ぷらは揚げたて
だから美味しい

名物は半熟の玉子とちくわ
素朴なモノなのでありますが、なぜか上等なモノのような気がして・・・


DSC_2811-1.JPG
うどんはひと玉140円、ふた玉でも200円
天ぷらは90円
500円玉一枚あれば、十分にお腹を満たしてくれますね

安くても美味しい
だから、たくさんのお客様で賑わうのでありましょう
30分も居なかったのに、帰ることにはスゴイ行列でありました




【竹清(ちくせい)】
香川県高松市亀岡町2-23
087-834-7296

posted by koutagawa at 23:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

徳島:「セルフうどん やま」      大きな天ぷらにビックリ

DSC_2796-a.JPG

徳島の夜、うどんをいただくことにした
四国と言えば「うどん」
讃岐ほど有名ではないけど、徳島も立派なうどんどころであります


DSC_2786-1.JPG
徳島駅前にある「やま」と言うお店
かなりの繁盛店である
昼だけでなく、夜にも多くのお客さまで賑わっているからスゴイ


DSC_2789-1.JPG
天ぷらとおでんを少々 そして、かけうどんをいただきます

うどんは太く、コシがあって、かなり食べ応えがあるモノ
これが、並で200円
お値打ちであります

とにかくココの天ぷらはデカイ
このデカさが、ココの魅力のひとつであります
その天ぷらが全て100円
おでんも全て100円
これまたお値打ちであります


DSC_2798-1.JPG
コレ、半熟玉子の天ぷら
トロトロと流れ出す黄身が特徴的であります
一体どうやって作るのでしょう


駅から近いと言う利点もあって、これからもちょくちょくお邪魔することでありましょう
便利で、気軽で美味しい  
その上お手軽
お腹の具合で、量を調整できるのもありがたいですね




【セルフうどんやま】
徳島県徳島市寺島本町東3-12-7 1F
088-611-3622

posted by koutagawa at 22:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。